敬老の日の花といえば定番は?花束の相場や色のおすすめは?

敬老の日の花といえば、何が思い浮かびますか?

私、去年花束を贈ることにしたんですけど、「花の相場や色って??」って悩んだんですよ。

そもそも敬老の日の花といえば何なのかも、全く知りませんでした。

そんな無知な私でしたが、去年しっかり調べたので今年はバッチリです。

こちらでは、敬老の日の花といえばコレ!という花束や、相場や色についてご紹介します。

敬老の日の花といえば?

敬老の日の花といえば、実はリンドウが有名です。

なぜ敬老の日の花といえばリンドウなのか、説明していきますね。

まずリンドウの花言葉ですが、これには「勝利、誠実、高貴」という意味が含まれています。

勝利には「病気に打ち勝つ」という意味があり、そこから「長寿」という意味にもつながった、と言われています。

また、リンドウの花には、紫色、

白色、

青色、

ピンクなどがありますが、

その中でも紫色が人気です。

その理由は、飛鳥時代までさかのぼります。

その当時、紫色が最も位の高い色とされていました。

紫色の冠を与えられた人は、誰からも尊敬されていたため、この紫色が高貴という意味も含まれるようになった、と言われています。

だから、尊敬の意味も込めて敬老の日に贈るようになったんですよ。

花言葉に長寿の意味を持ち、高貴な紫色の花を持つ、だから敬老の日の花といえばリンドウになったのです。

そんな秋の花であるリンドウは、秋風漂う季節感たっぷりの花なので、敬老の日の贈り物にピッタリ。

この花束は、さらにかすみ草をプラスして、シンプルでかつ品のある花束になっています。

色もブルー系、ホワイト系、ピンク系から選ぶことが出来ます。

敬老の日の花といえばリンドウと言われるだけあって、この花束を選んでいればまず間違いありません。

しかも、鉢植えと違って切り花なら、枯れたら捨てるだけで大大丈夫!

後に残らず喜ばれます。

カスミ草も加わってより華やかな印象になるこの花束を、ぜひ敬老の日のプレゼントにおすすめします。

敬老の日の花束の相場

敬老の日に贈る花束の相場は、一般的に3,000円~5,000円程度と言われています。

もちろん学生の孫から贈る花束であれば、もっと安いものでじゅうぶんですよ。

おじいちゃん、おばあちゃんは、正直なところ値段ではなく、孫からのプレゼントであれば何だって嬉しいんです。

私が、去年おじいちゃん、おばあちゃんへの敬老の日のプレゼントに贈ったのは、相場の3,000円くらいのものでしたが、学生の頃は1,000円くらいものを贈っていました。

ちなみに、5,000円もの花束であれば立派なものになりますが、3,000円のものでも十分です。

・3,000円の花束

たとえば、この花束は、敬老の日の相場であるだいたい3,000円です。

ブーケ風にまるくかわいく束ねてくれます。

しかも、花束は、「淡いやさしい色系」、

「はっきり元気系」、「おしゃれモード系」の中から選ぶだけで、熟練デザイナーがセンス良く花束にしてくれますよ。

・4,000円の花束

4,000円の相場のものなら、このフラワーアレンジメントが、敬老の日にピッタリ。

これは、バラやカーネーションが入っているいます。

カーネーションは、母の日の花といえばコレ!と万人が思うほど定番のものですが、実は敬老の日の花でもあるんですよ。

バラやカーネーションの花言葉には、愛情という意味があるので、おじいちゃん、おばあちゃんに「大好き!」という気持ちも一緒に贈ることが出来ます。

・5,000円の花束

最後に相場5,000円なら、このガーベラのみの花束です。

敬老の日の花といえば、一番有名なのがリンドウですが、実はガーベラもおすすめです。

ガーベラの花言葉は、「神秘」という尊敬に関する意味を持っているからです。

花言葉が敬老の日にピッタリなガーベラ、それが50本も入っているのでボリューム満点な花束です。

敬老の日に合う花束の色

敬老の日に贈る花束のおすすめな色は、高貴なイメージが強い紫色です。

その昔、高貴な位を表した色である紫色は、尊敬の念を表す色として敬老の日にピッタリです。

紫色でおすすめしたいのが、この花瓶いらずの花束です。

これは、世界初のブルーカーネーション「ムーンダスト」を使用した花瓶のいらない花束です。

花瓶のいらない花束、その名も「そのままブーケ」は、お世話いらずなので敬老の日にピッタリ。

「そのままブーケ」とは、自立するカップを使用しているため、花瓶がいりません。

しかも、カップの内側にエコゼリーが入っているので、水やりの必要がありません。

さらに、エコゼリーは、切り花の鮮度保持に最適なので長持ちをするんですよ。

でも、花が枯れた後、エコゼリーを捨てる方が大変なのでは?なんて思っていませんか?

実は、99%以上がお水で出来ているし、天然ものだから安心して可燃ゴミでとして捨てることが出来る上、切り花がお水を吸収することによってほとんど残らないんです。

なので、もらったおじいちゃん、おばあちゃんも、花瓶に移し替えして水やりの必要がないので、とても喜ばれるはずですよ。

このはっとするような鮮やかな紫の色は、ほかにはない珍しさで、ずっと記憶に残る敬老の日のプレゼントになると思います。

でも、この敬老の日にぜひ贈りたい紫色の花束ですが、相場よりちょっと高めなのですよね。

そこで、おすすめしたいのが、同じ「ムーンダスト」のカーネーションを使ったアレンジメント。

これなら相場の範囲内ですし、紫色のグラデーションが上品な雰囲気で、敬老の日にピッタリです。

敬老の日の花束の色に迷ったら、高貴な色である紫色をおすすめします。

敬老の日 花 のまとめ

敬老の日の花といえば、リンドウが定番ですが、もちろんほかの種類のものもおすすめです。

敬老の日の花束の相場は、3,000円~5,000円程度。

もし、贈る花の色に迷ったら、高貴なイメージのある紫色を選ぶと良いでしょう。

今回、花束をいくつかご紹介しましたが、一番のおすすめは、敬老の日の花といえばの定番のリンドウです。

この花を贈っていれば、まず間違いないでしょう。

花束の相場もありますが、贈る気持ちが大切であって、金額は関係ありません。

ですので、もちろんもっと安いものでも大丈夫ですよ。

ぜひ今年の敬老の日に、花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


CHECK
敬老の日の花言葉について詳しく知るにはコチラから

敬老の日の花言葉長生きを表す花の鉢植えは?リンドウはいかが?
敬老の日に、花言葉が長生きの意味のある花を贈るのはいかがでしょうか。 鉢植えならわざわざ花瓶を用意する必要もなくなりますし、リンドウなら敬老の日に定番のお花です。 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんには、一日でも長く長生...

タイトルとURLをコピーしました