ベビーゲートで階段にもおすすめ!自立式おくだけとおせんぼ

赤ちゃんの成長は嬉しいものだけれど、動き始めると来てほしくないキッチン周りだったり、階段だったり、どんどんどんどん進んで行ってしまいますよね。
目で見張っていれば、侵入を防げるけれど、それこそ一日中目を見張るだなんて無理難題なこと。
そこで、ベビーゲートの出番ではありませんか?

赤ちゃんに侵入して欲しくない場所に、赤ちゃんの安全対策のために取り付けるベビーゲートです。
そうそう今はわざわざ壁と壁の間に突っ張りさせなくても置くことの出来る、自立式のベビーゲートなんてものも販売されているんですよ。
今回は、そんな壁を傷つけることなく、赤ちゃんの侵入を防ぐことの出来るベビーゲートをご紹介しちゃいます。

おくだけとおせんぼ

まずは楽天ランキングをチェック!
こちら堂々のTOP10入りを果たしているおくだけとおせんぼ。
突っ張りで固定させる必要がない分、置く場所を選ばなくて良いという優れものです。

実は我が家も第一子のときは、突っ張り棒タイプのベビーゲートを使っていました。
しかし、第二子のときは引越しをし、第一子のときに買った突っ張り棒タイプのベビーゲートが使える場所がなかったんです。
何故かというと、突っ張り棒の長さと突っ張りさせられそうな壁と壁の長さが合わなかったから。

そこで、新しいものを・・・と探し、知ったのが置くだけタイプのベビーゲートだったのです。
実際使ってみて、その使い心地は良かったですよ。
何より場所を選ばず置けるということが良かったです。
ちなみに我が家では、窓ガラスと壁の間に置いていました。
それでは、置くだけタイプのベビーゲートをピックアップしましたので、ご紹介しますね♪

おくだけとおせんぼ おくトビラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ
価格:12800円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)

こちらのタイプはその名の通り扉だけがついているタイプだけのおくだけとおせんぼです。
扉だけなので、廊下や階段下や階段上と言った狭い場所に置きたいときにおすすめです。

簡単設置

ブックエンドの発送から生まれたというセーフティープレートでベビーゲートを支えています。
この足元のプレートは、こどもが乗った体重でしっかり支えてあるので、まず倒れる心配がないんですよ。

簡単ロック

赤ちゃんからの侵入を防ぐ扉のロックは、大人なら片手でも開けることの出来る造りとなっています。
なので、赤ちゃんを抱っこしたまま扉を開け閉めすることも出来ますよ。

簡単角度調整

扉とゲートの接続パーツのつまみを緩めるだけで、簡単に角度を調整することが出来ます。
それによって、置く場所を選びません。

簡単収納

簡単に足元とのセーフティープレートを外すことが出来、プレートのフレームを折り畳むことが出来ます。
とても薄くコンパクトなりますので、家のちょっとした隙間に収納することが出来ます
しかも、本体重量が6kgなので、女性でも楽々に持ち上げることが出来ます。

口コミは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ
価格:12800円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)

2017年8月8日現在総合評価で★4.18をマークしているこちらのおくだけトビラ。
設置が簡単、置いてよかったという話が聞こえてきましたよ~。

・扉があるので、出入りがしやすく快適。
・こどもを抱っこしたままでも出入りがしやすいようまたぐタイプではないこちらの置くだけタイプを購入した。思ったより安全ロックが固かったが、慣れれば大丈夫かと思う。
・階段下に置きたくて購入した。置くだけなので、こどもが寝た後に簡単にどかせられることが助かる。

おくだけとおせんぼ スマートワイドWOODY

こちらおしゃれな木製タイプのおくだけとおせんぼです。
木製なのでインテリアや日本家屋にしっかり馴染むデザインとなっています。
木のぬくもりを感じますよね~。
テレビ周りや暖房器具と言った触ってほしくない場所に置くと良いでしょう。

部屋を間仕切り出来る

直線に置けば、294cmという長さになります。
追加パネルの販売がないためこれ以上の長さにはなりませんが、294cmの間で間仕切りが出来る場所があれば、部屋を二つに仕切ることが出来ます。
これにより赤ちゃんスペースの部屋、入ってほしくない大人スペースの部屋として使うことが出来ます。

自由に形を変えること出来る

I型だけでなく、コの字型やL型、そして中央部はI型にして両端のパネルだけを曲げる形と、置きたい場所に合わせてベビーゲートの形を自由に変えることが出来ます。

落ち着いたカラー

カラーは、ナチュラル、ブラウンの2種類から選ぶことが出来ます。

口コミは?


木のぬくもりを感じることの出来るウッド調のこちらのベビーゲート。
ナチュラル嗜好な方におすすめなゲートですよ~。
それでは口コミもご紹介します。

・木製のベビーゲートなので、リビングの置いても安っぽくない優しい見た目なところが気に入っている。
・部屋に馴染む色合いなのところが良かった。また、好きな角度に合わせて柵を作ることが出来るし、作りもしっかりしているので安心して使える。
・こどもがつかまり立ちをするとプレートのない場所ではぐらぐらするのが不安だが、まだ倒れたりしたことはないのでしっかり作られているんだなと思った。

おくだけとおせんぼプラスプレート

長さがある分少しぐらつくという意見もありました。
でも、そんな不安がある方は、追加のセーフティープレートを購入すると良いでしょう。
プレートを追加して設置すればぐらつく心配はありません。

まとめ

動き始めた赤ちゃんの安全を守るために開発されたベビーゲート。
おくだけとおせんぼなら、壁を傷つけることなく、ベビーゲートを設置することが出来ます。
ドアだけのシンプルなタイプでしたら、廊下や階段の上り口や降り口と言った狭い場所を、ゲートのパネルの長さがあるものなら、テレビなど触ってほしくないものから赤ちゃんの侵入を防いでくれます。
壁を傷つけたくないけれど、ベビーゲートを置きたい方にぜひおすすめします。

おくだけとおせんぼを買うなら楽天で決まり!

楽天では、ほかにも自分好みのおくだけとおせんぼを見付けることが出来ます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

赤ちゃんには清潔なお風呂に入って欲しいものですよね。
そこでお風呂のやっかいなピンク汚れの対処法についてレビューしています。
CHECKお風呂場のピンク汚れを撃退してみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする